なんやらかんやら♪

生きていくって辛いし寂しい…と歳を連ねる度に思うようになりました。 でも、負けない。 頑張らなくちゃ…ね。

カテゴリ: 両親

大阪万博

太陽の塔を見ていたら色々と思い出した。 初めての新幹線。 小学校一年生の私。 和式トイレ。 用を足した後、渦のようなシャッターが排水溝についていて、水が流れるのと同時にシャッターが開くようになっていた。 シャッターの上にポンと乗ったトイレットペーパー。 しかし

名古屋の翌日

翌日は朝から温泉を楽しんだ。 チョッと不服はあるものの、温泉はいいものだ。 名古屋城に行くと言っていたけれど、金のしゃちほこが飾ってあるとか無いとかいい始めて断念。息子にガイドブックを見せると「でんきの科学館」がいいと言う。 名古屋にせっかく来ているのだか

旅館に9時までに入らないとお風呂に入れなくなるので、慌て出す父。キッコロのポーチが買えると思って付いて行ったのに科学の実験に騙されたと騒ぐ娘。まだ何か見ようと頑張る母と息子。ボーっとしてきた私。 「今から名古屋に行っても一時間。並んで食事しては9時に旅館に

万博当日

その日の朝は四時起き、六時半の新幹線に乗るために。 駅まで子供達が歩くかどうか心配だったけれど、おじいちゃん達が居たせいかスッと起きてくれて、駅までもハツラツと歩いてくれたのが嬉しかった。 無事に新幹線に乗ることが出来、私たちはすぐに寝てしまった。 父が起

↑このページのトップヘ